遺言書で相続をスムーズにする|トラブルを起こさないように準備

婦人

家族で行う信託

相談

家族信託とは、家族の間で信託を契約し、財産の管理を任せることを言います。財産管理の一つの手段となり、信頼できる家族に託すことによって安心できるものとなります。信託と言えば、銀行が行っている投資信託や年金信託をイメージするかと思いますが、この場合は受託者が信託銀行に託すことになります。家族信託の場合は、受託者が家族に託すこととなります。家族信託の託し方としては、後見制度や遺言書と一緒に信託を利用することで、財産管理を承継させることが可能となります。この家族信託は弁護士にさえ浸透していない制度となるので、興味を持っている方や、信託を行いたいという方は事前にしっかりと調べたほうが良いでしょう。家族信託のメリットとしては、遺言だけではできないことが可能となります。一般的な遺言では、ご自身が亡くなられた後に財産を承継する方を選ぶことはできませんが、信託を利用することによって財産を取得する者を指定することができます。また、家族信託を遺言の代わりにすることもできると言われています。デメリットとしては、受託者を誰にするかという点です。受託者を決めてから家族が揉めることもありますし、信頼して任せたのに財産の管理がずさんになってしまうこともあります。家族信託を利用することでトラブルとなる可能性もあるため、その点については把握しておきましょう。また、節税効果がないため、税金の面では大きな負担となってしまいます。