遺言書で相続をスムーズにする|トラブルを起こさないように準備

男の人

払い過ぎは取り戻せる

過払い金とは本来支払う必要のないサラ金などの貸金業者に支払ってしまったお金のことを言います。過払い金請求は個人でも可能ですが、面倒なことも多く弁護士に相談したほうがスムーズです。京都にも過払い金請求を行っている弁護士事務所は多くあります。

仕事

節税に効果的です

青色申告は白色申告に比べて節税につながるメリットも多くありますが、帳簿や書類の作成は白色申告よりも複雑となってしまいます。自営業を営む方で青色申告を検討している方は東京の税理士に相談しましょう。東京の税理士なら効果的な申告方法をアドバイスしてくれるほか、低価格な料金でサービスを受けることができます。

遺産を寄付したい

ファミリー

弁護士を利用する

亡くなった人が所有していた財産を誰が相続するかについては、民法で明確に定められています。遺言書が残されていた場合は、そこに書かれている内容にしたがって相続が行われることになっています。しかし、遺言書が残されていなかった場合は、相続人間の話し合いで遺産分割方法が決められます。一方、遺言書がなく、遺産分割協議も行われなかった場合は、民法で定められている順位・割合で財産が分けられることになるのが原則です。つまり、生前に何も対策を講じていなかった場合は、故人が望んでいなかった形で遺産相続が行われてしまう可能性が高いということになります。たとえば、自分の法定相続人がほとんど会ったこともない甥っ子や姪っ子だけだった場合、それらの者に遺産を相続させるくらいなら、自分の母校に寄付してしまいたいと考える人が時折います。そういう場合は弁護士に相談して遺言書を作成し、なおかつ遺言執行者にもなってもらっておくのが得策です。大阪には、遺言執行サービスを提供している法律事務所があります。母校に全財産を寄付する旨を記した遺言書を作成しておけば、甥っ子や姪っ子に遺産を相続させずに済ませられるようになります。ただし、それは遺言書が正しく効力を発揮した場合に限られます。大阪では、故人が書いた遺言書が発見されなかったり、不心得な相続人に遺言書が破棄されてしまったりするケースがしばしば発生しています。それではわざわざ遺言書を作っておいた意味がなくなってしまいますが、弁護士に遺言書を保管してもらうのと同時に遺言執行者にもなってもらっておけば、遺言書に書かれた内容が必ず実現されます。大阪では、弁護士による遺言執行サービスの評判が口コミで広がり、このサービスを利用する大阪府民が増えてきています。

相談

家族で行う信託

財産の管理などを家族と契約して任せることを家族信託と呼ばれています。これは家族間で行なうものですが、法に基づいて管理をしたい場合には、弁護士などを利用する必要があります。